小林麻彩

 

 

松山バレエ団 プリマバレリーナ

  小林麻彩

3歳より松山バレエ学校沼津支部沼津バレエ学園でバレエをはじめる。2003年 松山バレエ団入団。2008年、「眠れる森の美女」全幕で“ブルーバード”、2011年 「くるみ割り人形」全幕で“雪の女王”などをつとめ、ソリストとして活躍。

2015年、新「白鳥の湖」のオデット、「くるみ割り人形」のクララ、2016年には「ロミオとジュリエット」で主演をつとめる。豊かな音楽性と正確なテクニックに裏打ちされた表現に定評がある。